チェックは入念に行う

man smiling happy

時間をかけて丁寧にインフラを構築したら、ようやく一通りの作業が終了、と言いたいところですが、インフラエンジニアの仕事には残念ながら終わりがありません。というのも、作ったインフラが果たしてどこまで正常に動くのかを常に管理し続けなければいけないからです。要するにアフターフォローですね。当然インフラは年中休むことなく稼働し続ける大事な基盤となる部分ですので、これが一日でも1時間でも動かないようなことがあってはいけないわけです。あなたもたとえばパソコンで買い物をしようと思ったときに、買い物カートに商品を入れられなかったら困りますよね?そのショップを運営している側もみすみすひとりのお客さんの購入を逃してしまうことになります。インフラが動かなくなった時間が長ければ長いほどどんどんもったいないことになってしまうわけです。これではとても完璧なインフラ構築ができたとは言えませんよね。だからこそインフラが24時間常に正常かどうかを見ていないとダメなんです。ただ、ときには何かしら理由があってインフラに障害が発生してしまうこともあるでしょう。そんなときもインフラエンジニアが障害も復旧する作業をしなければいけません。障害に関しては今の時代あらゆる原因で起こってしまいますので、その原因を突き止めるだけでも相当な時間が必要になります。また、キャパシティ管理も同時にインフラエンジニアがやらなければいけません。キャパシティ管理は当初想定していたアクセス数やデータ量通りの結果を招いているかどうかを確認することです。大きなズレがあった場合はそこで修正をかけていきます。