最初に訪れる仕事とは

man in office

まずインフラエンジニアというのはどんな仕事が待っているのか?今回はインフラエンジニアの基本となる最初の仕事を紹介します。ちなみにあなたはインフラエンジニアに対して、どのようなイメージを持っているでしょうか。意外とインフラエンジニアというのはパソコンにつきっきりになることがありません。むしろかなり人と接する機会が多いので、実はコミュニケーション能力がかなり重要視される職業でもあります。ではインフラエンジニアの具体的な流れを説明しましょう。まず一番最初にやるべきことは、要件定義と呼ばれる設計を行っていきます。要件定義は、目的をクリアするためにインフラ自体にどのような機能や性能を入れていくべきかを考えることになります。すべての根源となるところなのでうまく企画できるようにならなければいけません。そして次に設計書の作成を必ず行っていきます。設計書というのはまさにインフラの見取り図になります。実際に設計する上では設計書に沿って作ることになるので絶対に作らなければいけません。また、設計するのはインフラエンジニアがやるよりも、どちらかといえばプログラマーがメインになって作業をすることになるので、自分だけじゃなく他人が見てもわかりやすいような設計書を作る必要があります。スペックはどうなっているのか?コストはどうなっているのか?など、誰が見ても理解できるように作っていきましょう。インフラエンジニアがやるべき最初の仕事は以上になります。このようにいきなり作業に入るのではなく、しっかり入念に計画を立ててからようやく作業に入ることになるわけです。